地球一番の快適空間@ブログ
~The most comfortable "blog" on earth~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トニコン感想 5/24 1部
マーチン日記について語りたいところではありますが、まずは先日参加したトニコンの感想を。。。長いので途中から隠します。

***

今年もトニコンに行ってきました。申し込む時にはちょっと迷ったんですけどねぇ~(去年が「あんまり昔と変わってないなぁ…」という感想だったので) でもやっぱり、曲を知ってても知らなくても楽しめるトニコンなので、一度は見ておきたいな、と。

オーラスが外れて振り返られたのに2階席で、もはや天井が近い! 天空から眺めてるような気分で適度に楽しんできました。(たまアリのこけら落としを思い出した)

フォーラムは他のコンサートでも1階席だったので初体験。2階席ってかなり揺れるんですねぇ。双眼鏡でステージを見ていると、自分はじっとしてるのに身体が縦に揺れて気持ち悪いったら!(笑) 酔いますね、あれは。

では、セットリストと共に感想などつらつら。


・OP
・Know-body Knows/20th Century
・BRAZING AGE/20th Century
・MAGMA/V6
・タップダンス
・Know-body Knows/20th Century
・Running to the top~SUMURAI~/20th Century
 
  
オープニングはアニメ映像。えーっと、これはピーターパンとかを参考にしてるのかな? 過去のトニコン(だったかな?)のタイトルが背景にちりばめられてて、過去から現在へやってくる、的なイメージを受けました。

タップは、素人が見ても坂本くんが断然うまい。もちろんイノッチ、長野くんも他のJr.なんかいつも見てる私からしたらとってもうまいんですけど、坂本くんが一番余裕があるし、全体的にキレイだし、出ている音も粒が揃っている、かつリズムが均等に刻めている、という点でダントツ。

「Running to~」を「SAMURAI」に絡めるのは、相当気に入ったんですね?(笑) 去年はかなり笑わせてもらいましたが、流石に2年目は「あぁ、また?」って思っちゃいました。同じavexだからできる技なんでしょうかね? これで、タキ翼が逆にSAMURAIがいつの間にかRunning to~になってる、っていう遊びをしてくれたら、コラボ的には面白くなると思うんですけど。

例えば、そこにトニセンが映像で登場して「おいおい、勝手に使うなよ!」とか言って、「先に使ったのはそっちじゃないですか!」みたいな展開ではどうでしょう?

・MC(挨拶)

坂本くんがカツンと仲良くなって、笑っていいとものテレホンに呼んでほしい、というようなネタから、「トニコンに来ているからって、僕たちの名前を知っているとは限らない」ということで、改めて自己紹介。

いつも「ここって3~4分のコーナーなんですよ(なのに長過ぎ)」とイノッチがツッコミつつ話を展開していますが、絶対4分じゃ終わらないし終わった会場なんてないんだから、最初から15分くらい設定しとけばいいんじゃない? っていつも思ってしまう。まぁ、ネタで言ってるだけで、実際の設定は長いんでしょうけどね。


・LOOKIN' FOR MY DREAM/Coming Century
・ジンクス/20th Century
・MISS YOU TONIGHT/Coming Century
・X,T,C, beat/20th Century feat.三宅健
・HAVE A SUPER GOOD TIME/Coming Century
・夏のメモリー/20th Century
・夏のかけら/Coming Century

・Lonely Holy Night/20th Century
・silver bells/Coming Century

・SPEEDER'S HIGH/Coming Century
・強くなれ/V6
・Life goes on/V6
・スタートライン/20th Century(新曲)

   
「カミセンメドレー」は懐かしすぎて、私個人的には一番盛り上がりました。

特に「LOOKIN' FOR~」は当時の振り付けのままで踊ってくれて、目で見ているのはトニセンなのに、脳内の声はカミセンにすり替えられ、ダンスはカミセン&Jr.(屋良ちゃんもいたかな)が踊ってました。

当時のカミ曲って、こういう電子音バリバリな感じのアップテンポな曲が多かったよね。大好きです。「Born to run」とかね。

会場によって歌う曲が違っていたようで、「MIRACLE STARTER」とか歌ったところもあったとか。

いやーん、「MIRACLE~」聞きたかった! あのサビのダンス見たかった! あれはチビッ子屋良ちゃんとスラリとした俊ちゃんが、オレンジのジャンパーに白ズボンで踊ってたのよぉー(涙) 

「Lonely Holy Night」も懐かしくてよかったですけどね。ちょっと季節感が…

そうそう。バックにM.A.Dが付いているのは知っていて、多分川村陵くんがいるだろうというもわかってたのですが、2階席から双眼鏡で覗いても、どーも誰が誰だかわからない。

武内くんって子は顔を知っているので見分けができたのですが、あとの3人が…以前川村くんを見た時には、パーマヘアだったと記憶していたので、一人いたパーマヘアの子が川村くん? とも思ったのですが、ダンスがふにゃふにゃしてたので違うな、と。結局、メンバー紹介されて初めてちゃんと川村陵くんを認識できました。

言われて改めて見たら、髪の毛は黒髪のままで、髪型も昔のカワイイ頃のまんまでおっきくなった感じ。あらぁー私としたことが、陵くんを見分けられないとは…(反省)

ダンスは当時の“しゃかりき”のままでうまくなっていて嬉しかったなぁー。


・MC

んー何を話していたのか思い出せません。。。

「これから長野くんが重大発表があるので、カメラさん準備してもらっていいですか」みたいな振りがあって、長野くんの映像コーナーへ。


・長野の秘密~友情編~ 
・そばにいるよ/TU→YU(長野)

トニコンは毎回何かしら長野くんがやるコーナーがあるんですよね。これまでは演歌だったところ、今回は何やら時にミュージカル調になりつつのコント映像。映像との会話とか、基本的な作りはこれまでと同じですね。

子供ネタが自然に見えるところが、みんな(ファンも)オトナになったなーと実感させられたり(笑)

長野くんがマルちゃんマークをつけたマントを羽織っていて「それ大丈夫?! 今日ビデオ撮りだけど!」とイノッチが言って、会場は「キャー!」。今年もDVD化されるようです。


・Sing(坂本&井ノ原)      
・SUNDAY, SUNNYDAY/20th Century

~ディナーショータイム~
・days -tears of the world-/20th Century
・それぞれの空/V6 お客さんのリクエスト


ディナーショーのように、3人が1階席に降りてお客さんとトーク。2階席のわたしたちはスクリーン越しなのでテレビを見ている感覚。トイレタイムにお出かけの方も2階にはたくさんいましたね。

あ、そうそう。1階のPA卓の後ろにズラリと平成JUMPの子たちが来ていて挨拶してました。中島裕翔くんはお仕事があったそうで欠席。

んーどうでしょう。JUMPくんたちに、トニコンの面白さはわかるでしょうか。と私は思ってしまいました。勉強にはなるだろうけど、同世代の私たちが感じる楽しさは、残念ながら伝わらないんだろうなぁ~(世代が違うから仕方ないですけどね)

レストランのメニューのように、お客さんが曲を選ぶ形式になってまして、1部では「それぞれの空」が。スクリーンでは他の曲名が見えなかったけれど、他会場のレポを拝見すると、「雨の夜と月曜日には」「WISHES~I'll be there~」「メジルシの記憶」などがあったみたい。

なんだよー「雨の夜と~」とか「WISHES」の方が断然よかったよ!! どうやら2部の曲目の方が全体的にワタクシの好みだったみたい…残念。


・DANCE!! ~Make The Party High~/V6
・Don't Stop The Refrain/V6
・オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ/20th Century
・Darling/V6
・red/20th Century(新曲)
・Honey/20th Century


「オレじゃなきゃ、~」の右腕と左足を振る振り付けを踊る陵くんが可愛かった。そして、そのたくましい腕・二の腕を双眼鏡で目撃してツボでした。結構太かった。しっかり踊ってる証拠かな(拍手)

それに比べてTJくんのダンスは、同じ振りなのに身体全体が揺れること揺れること! まだ身体の芯ができてないんでしょうね。04年入所では仕方ないところだと思いますが(ちなみに陵くんは97年)、腰がフワフワ動いちゃうんですよね、どうしても。

テンポの速い振り付けの場合、それなりに踊れてるように見えちゃうんですけども(私も最初は「みんなうまいな」くらいで見てましたし)、身体の部分部分をきちんと意志を持って動かすそうとすると、違いが出てしまいますね。M.A.Dにいるからには、しっかり踊れるように頑張って欲しいなぁ、と今後に期待。

「Darling」は久しぶりに聞きました。やっぱり耳馴染みのいい曲ですね。近年の中では結構好きな曲。(←これを“近年”と言っていいのかわかりませんが…)


~EN~
・20 sensation/20th Century
・Shelter(坂本)
・Gravity Graffiti/V6


出たー! 「Shelter」ですよShelter!これも懐かすぃ! すばるくんとかJr.も以前歌ってましたけど、やっぱり本家・まぁくんが一番ですな。解かれた封印はやっぱりスゴかった!ってところでしょうか。

振り付けも当時のままで、改めて見てもカッコよかったです。特に、サビと感想の振りがツボ。当時は屋良くんたちも踊ってたそのダンスを、陵くんたちが今は踊っている。感動。いい曲は、いつまでも残していってほしいです。

当時は毎回のようにやってたので、「もういいかな」って気もしてましたが、これからもたまーに封印を解くと効果絶大かも(→絶大だった人・笑)


・エンドロール
~W EN~
・Take it easy/20th Century

1部だったので、Wはないかなと思ったのですが、想定されてたのかな? 普通にありました。「Take it~」はみんなで一緒に踊れるので楽しいですね。

----

というわけで、コンサート全体としては、想像したとおりの楽しさを味わえたので満足です。ただ、曲のセレクトが…ちょっと地味? すっごく盛り上がった曲、というのが思い浮かびません。かといって、泣けるほどの曲があったか、と言われたら、それもNOだし…私の好きな曲が少なかった、というのもあるかもしれません。

「ちぎれた翼」とか「Precious Love」とか。「Traveler」「Going Back 2R・e・a・l」「ダーザイン」「Knock me Real」「BIG FORCE」「Working Man」「クロール」「コバルトブルー」聞きたかったトニ系曲がたくさんあったんだけどな。

構成面はともあれ、驚いたのは3人の若さ!(コラ)っていうか、まぁくんのかっこよさ!(←ちなみに、普段は“まぁくん”なんて呼んでません・笑) 私の勝手な印象ですが、一番年相応なのが長野くんで、変わらないのがイノッチで、坂本くんは発言はおっさんなんですけど、オーラが若い。今の髪型が短めでサッパリしてるからかもしれないけど、それでもダンスもタップも歌も一番うまいし、“オトナの男の魅力”を感じました。

それに、3人ともよく踊ってました。屋良ちゃん振り付けの山風さんの新曲よりも、バリバリに踊って、しかも生歌でどんどん迫ってくる。さすがトニセン! ダンス好きの私には踊れる先輩大歓迎なので嬉しかったです。踊る先輩のバックにつけてもらえると、後輩も勉強になるし上達もするしね。だから、ありがとうですトニセンの皆さん。年齢差も考えれば、M.A.Dと打ち解けるのはなかなか難しいと思いますが、陵くん(とみんなも)頑張ってるので可愛がってあげてください。

さて、発表されたカミコンはどうしましょうか。暑い夏に「Theme of Coming Century」で盛り上がりたいですね。(←行く気ありありです)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yarasyun.blog53.fc2.com/tb.php/509-4b87e1fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。