FC2ブログ
地球一番の快適空間@ブログ
~The most comfortable "blog" on earth~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入所記念日@生田さん
生田さん、決して忘れていたわけではないのー!(汗)

って言い訳もだんだんお馴染みになってきましたが…(笑)

2月11日は入所記念日でしたね。おめでとうございます。そういえば何年になるのかな?(屋良ちゃんの年は数えてるけど、生田さんのは数えたことないかも)

今年はホントに大活躍ですね。映画の宣伝とは言え、あちこち番組に出まくっていて。その分、たくさんの方に観ていただけるといいね(←他人事?)。

まさか、ソロでこんなに世間の認知度がアップする日が来るとは思いませんでした。いや、マジで。

やっぱりジャニーズの魅力って、グループだからこその“マジック”だったり、“パワーアップ”だったりすると(今でも基本的には)思っているので。

だけど、生田さんの場合は今まで誰も歩いたことない道を歩いてる。そもそも、道なんてなかったし。全部生田さんが切り開いて来た道です。(みんなのバックアップがあったことはもちろんですが)

そう考えると、あの頃……劇団☆新感線に出会えて本当に幸せでしたね。芝居をすることに没頭し、日々を全力で楽しむオトナたち(新感線の皆さま)と濃密な稽古時間、そしてアフター稽古(=飲み・笑)、さらに本番を過ごしたことで、思春期の将来を憂いていた生田さんの気持ちも固まっていたんだと思うんです。

「芝居」というものを見つけられた。「芝居で生きていくんだ」と決めた。それからの生田さんは、その場が舞台であっても、テレビドラマであっても、一本筋が通っていたと思います。まぁ作品によって、支持されたりされなかったり、というのは厳しい芸能の世界ですから仕方ないとしても、生田さん本人の気持ちやテンションは一切揺らぐことはなかったはずです。

事務所以外の場所で、小栗くんのような同世代の仲間と出会えたことも幸運でしたね。小さい頃から、オトナの中で生きることは得意だったハズなんですよね、Jr.という環境にいたわけですから。

もちろんJr.仲間も「同世代の仲間」には違いありませんが、事務所というある意味安定した場所ではないところで、本当の意味でのライバルでもある彼らと知り合い、仕事をして、わかりあった。そういう経験は、Jr.でいるだけでは味わえない貴重な経験だったと思います。

だから、もう全然心配はしていません。ちゃんと卒業したし(←もちろん、生田さんがワタシを!です・笑)

ただ、これからも生田さんがどういう道を歩いて行くのかはずっと気にしています。「気にする」というのは、”応援”という意味もあるし、どんな道を探し出すのか“興味がある”、という意味でもあります。

これから公開されていく映画3本。ヒットするのが一番だけれど、生田さんのお芝居が認められる作品になっているといいなと思います。

そして、「今年あたりまた舞台どうっすか?」とお願いしておきましょうか。(←生田さんのオーバー気味の芝居は舞台が一番そぐうと思ってる失礼なファン・笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yarasyun.blog53.fc2.com/tb.php/565-b20d6de6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。