地球一番の快適空間@ブログ
~The most comfortable "blog" on earth~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【議題】live imageに葉加 瀬太郎は必要か
今年のlive imageツアーを見てきてずっと疑問に感じてきたこと。

10年目を迎えたlive imageに葉加瀬太郎は果たして必要なのか?ということ。

今日まで見てきての答え:不要

ファンの方には申し訳ないが、今年のliveを引っ掻き回しているのは間違いなく彼だ。

続ける/辞めるは彼の自由とは言え、(勝手に)抜けて、10周年にかこつけて(勝手に)戻ってきた。

彼がいると券売が伸びる、などなどオトナの事情はさておき、「ロンドンで活動するためにはどうしてもlive imageをお休みするしかなかった」などと今更言われても、こちらはすでに卒業したものと思っているので、「何を都合のいいことん」としか思えない。

ロンドンでバイオリンの腕を上げてきたならまだしも、NHK、大阪公演の演奏はとても満足できるものではなかった。(フォーラムはまだましだったが)

こちらが素人だと思ってナメてもらっちゃ困る。

この二年、私たちは古澤巌さんの素晴らしい音を聞いて来たわけで。トークや雰囲気だけで大絶賛する時期はとうに過ぎたのだ。

それに気づかないのは葉加瀬太郎本人と、葉加瀬さんファンで彼が出なくなってからのlive imageを見なくなった人たちだけだと思う。

小松塾の成果が見られた、など良いところももちろんあったが、全体的に「せっかく10年かけて変化・発展・進化してきたのに、何も知らないジャイアンが突然乱入してきて振り出しに戻ってしまった」感がある。

もし、これが羽毛田監督の言っていた“原点回帰”だとしたら残念だし、そうではないと信じたい。

苦労してステージを作っているスタッフ・関係者の方々が見たら不愉快に思われるかもしれないですね。申し訳ないです。

でも、今年の皆様の感想をあれこれ検索していると、ひたすら絶賛の声ばかりのようなので、私のようなlive imageファンも少なからずいると記しておきたいと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yarasyun.blog53.fc2.com/tb.php/584-b0e9c55a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。